からし蓮根

デパートで「九州の味と技展]を開催していたので、久しぶりに熊本の「からし蓮根」を買った。厚めに切って先ずは一切れ。いきなり鼻にツーンときた。蓮根の穴に何かを詰めた調理法はいろいろあるが、インパクトがあるのは「からし蓮根」が断トツだろう。寛永九年(1632)細川家初代城主忠利公が病弱だったため、禅僧が鉄分の多い蓮根食を進言し、藩の賄方だった平五郎なる人物が、熊本名産の麦味噌に和がらし粉を混ぜ、予め茹でておいた蓮根の穴に詰め、麦粉、空豆粉、卵黄の衣をつけて菜種油で揚げたものを差し出したところ、忠利公は喜ばれ常食、剛健になったという。この調理法は明治維新まで門外不出だった。今の時期は熊本産の蓮根ではなく茨城産だとか。薄切りにしてマヨネーズをつければ辛みが和らぐそうです。

からし蓮根

 

 

 

カテゴリー: 蓮を味わう   パーマリンク