テレホンカード

1972年(昭和47年)に日本国内で100円硬貨の利用できる黄色の公衆電話機が設置され始めたが、100円硬貨が電話機の金庫に収納された場合、釣り銭の返却は行われない構造になっている。当初は釣り銭式電話機の開発も検討されたが、製造・運用コストの増嵩が見込まれ、見送られた。そこで、釣り銭の現金払い出しに代わる手段として磁気媒体を利用するカード式公衆電話が製造された。1982年(昭和57年)12月に旧日本電信電話公社(電電公社)が発行・発売を開始した。

これに伴い「テレカ」で親しまれた、「テレホンカード」が発行され、多種多彩の「テレホンカード」が膨大な数が発行された。当然マニアの間では趣味のカードの収集がなされ今日でも、切手展に行くと「テレホンカード」の販売コーナーがにぎわっている。

小生は、頑張って集めたわけではないが、友人知人から頂いたものや自然に手元に集まったものが、40枚ほどあるので半分ほど紹介する。

テレカ蓮

 

カテゴリー: 蓮コレクション   パーマリンク