台南・白河鎭の蓮花経済文化資料館

村にある蓮に関する資料館では、大きなスクリーンに蓮の1年間の様子が映し出され、女性が熱心に説明をしてくれる。そのあと、館内に展示されている蓮の工芸品や、文房四宝、清朝時代の宮廷の衣裳などをゆっくり見てまわる。その中で目をひいたのがケヤキの
一木造りの彫刻。優に左右が1メートルはある見事なもので、現代作家の作品だが5点ほど展示されていた。また、蓮料理のサンプルとレシピ、調理法が展示されているコーナー
もあり、最後は蓮グッズショップになっていて食品のほかに手描きのTシャツなども販売している。

資料館1

 

 

 

 

 

資料館ケヤキ彫刻

 

 

 

 

 

資料館3清朝衣裳

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース   パーマリンク