文房四宝(ぶんぼうしほう)の内の「紙」の蓮文様

非常に残念ではあるが、まだ、蓮文様が印刷されている和紙や、蓮文様が漉きこまれている和紙を、長年探し求めているが、こんにちまで、女神はほほえんでくれていない。伝統的な京都の唐紙や江戸の千代紙にも無いようである。

しかし、悲観的なことだけではない。東京町田市の「大賀藕絲館」は、100%蓮の茎を素材にした「蓮紙」を何年も前から制作している。愛らしくて、とても墨を付けるきにはなれない。図は、大賀藕絲館製の「藕紙」。「大賀藕絲館」では、蓮を素材にしたいろいろな商品を販売している、興味のある方は一度訪ねてみては。

蓮紙1

カテゴリー: 蓮コレクション   パーマリンク