朝日蓮(あさひれん)

紅蓮、一重

朝の太陽ように真っ赤な花色であるが、命名、来歴は不明。灌園の『本草図譜』には、花弁円く紅色なり、中より先濃紅色実の色淡緑花の本帯の如き物あり」とある。明治36年の『水栽四君子』に、載っていないので、江戸時代には絶えたのかも知れない。

DSCN8766

カテゴリー: 花蓮図鑑   パーマリンク