緑紅白蓮(りょくこうびゃくれん) 白蓮 一重

『池のにしき』には、「花巾紅糸なし 紅糸白替」と記されていて、『本雑図譜』には、「花弁長く白色にして中は小黄色を帯へり」とある。

漢和辞典には、「緑紅」の出典を、杜牧・詩「千里鶯啼緑白映」で、「青い葉とくれないの花」と出ている。しかし、現物は「白蓮」なので、どのような理由で「緑紅白蓮」にしたのかは不明である。現在は絶えて伝わっていない。図は星野文良筆『清香画譜』に載る「緑紅白蓮。

緑紅白蓮

カテゴリー: 花蓮図鑑   パーマリンク