能 「當麻」を見てきました。

昨日、4月21日(日)、東中野にあります、梅若能楽堂で「梅若会能定式能」が開催され、奈良・當麻寺に伝わる蓮糸で曼荼羅を織ったという中将姫で知られる、「當麻」が上演されるので見てきました。長い間見たいと思っていましたが、チャンスがなかったので、今日になりました。

役者は、前シテ(老尼<化身>)梅若長左衛門。後シテ(中将姫の霊)中山迓晶、その他の配役で上演されました。物語は前半(省略)、後半からなり、後半は頭上に蓮の花の冠をつけた中将姫が登場して、当麻曼荼羅を織るような舞をゆったりとした早舞を演じた、後シテ(中山迓晶)の素晴らしい舞いでした。要所要所で流れる、横笛の音色がとても良かったです。

日ごろ、「能」を見る機会がほとんどありませんでしたので、蓮のおかげで「能」を見る機会に恵まれました。写真撮影が禁止でしたので画像をお見せできないのが残念です。2時間の上演でした。

DSCN8644

カテゴリー: 蓮関連ニュース   パーマリンク