藤壺蓮(ふじつぼれん)

藤壺蓮(ふじつぼれん) 一重 紅蓮 大型。(鷹司家藤壷蓮、藤壷蓮鷹司新出)の別名あり。

『池のにしきに』には、8月3日写す。「鷹司家新花」とあり、花の説明は「満開する処、先日の花に比すれハ大所にして房もたかふ故に、ここに略写。 尤二重花色、先日にかかへつかハらす。只し旧様・新様ニて花たかふものあり、初にしるす、大蓮新様の分ハ房尋常ニて花弁聊たかふことあるかことし」の、詳しい書き込みがある。

藤壷蓮は、公家である「鷹司家」で、交配か交雑でできた種(実)の、実生から作出した紅の大型の新品種です。鷹司准后家御園池蓮品目には、図はありませんが、紅蓮が13品種、白蓮が15品種、絞(爪)蓮が10品種、載っています。図は定信自筆の『池のにしき』に載る藤壺蓮です。

DSCN8661

 

 

 

 

カテゴリー: 花蓮図鑑   パーマリンク