休耕田の蓮めぐり・山形県尾花沢市3

8年前から3.5ヘクタールの休耕田を蓮田にした公園。
一昨年訪れたときは9月3日でしたが、ピンクの花蓮群が山間に広がっていました。
その折り「まだ空いている田圃があるので増やしたい」とはオーナーの伊藤勇太郎氏の話。今年、その田圃には3種類の蓮が広がっていました。

御所の水公園20158月3

御所の水公園20158月1

↑8年前に始まった一重咲きの蓮が見事な蓮田。
ここは「御所の水」という優雅な名前の湧き水で知られ、冬も水をもとめて年間2万5000人の人がやってくるそうです。
8月初めには「ハスまつり」も行われ、花も販売されます。

御所の水公園20158月7

↑新たに植えつけされた八重咲き(花弁が50枚以上)の白蓮。

御所の水2015年8月

↑白蓮の群生。

御所の水公園20158月9

↑ 爪紅(つまべに)タイプの花も新たに増えました。

御所の水公園20158月8

↑半八重(花弁が26枚~50枚まで)も新たに登場。

「鶴子・御所の水ハス公園」の特長は、小型種を植えたので、丈があまり高くならず、花を上から鑑賞できます。

尾花沢の休耕田を利用した蓮田は、どこも9月半ばくらいまで咲いているそうです。

カテゴリー: 蓮関連ニュース   パーマリンク