鼻煙壷展で蓮に出会う

鼻煙壺展チラシ表S

鼻煙壺展チラシ裏S

町田市立博物館には約350点もの鼻煙壷の収蔵品がある。
今回はその中の大小200点余りのガラスの鼻煙壷だけが展示されている。大と言っても掌に乗るものばかり。蓮の絵がらが何点もあり、ワクワクする。
鼻煙壷の歴史、種類、絵の手法、道具も見られ楽しい。
内画(うちえ)と呼ばれる小さな小さなガラス瓶の内側に特殊な筆を使って、顔料で描く過程もビデオで上映されている。
日本の博物館には珍しく写真撮影もOK(ただし、撮影時に音がでる携帯などはダメ)。

どこに行ってもクリスマスモードの年の瀬、静かな博物館で中国の美に会うのもいいものです。

12月23日まで。

カテゴリー: 蓮関連ニュース   パーマリンク