日別アーカイブ: 2013年2月7日

続日本紀(しょくにほんぎ)

『続日本紀』は、平安時代初期に編纂された勅撰史書。『日本書紀』に続く六国史の第二にあたる。菅野真道らが延暦16年(797年)に完成した。文武天皇元年(697年)から桓武天皇の延暦10年(791年)まで95年間の歴史を扱い … 続きを読む

カテゴリー: 蓮学文献解題 | 続日本紀(しょくにほんぎ) はコメントを受け付けていません

蓮文様の鐙瓦(あぶみかわら)

蓮文様と言えば、寺院の軒先を飾る鐙瓦(軒丸瓦)ではないだろうか。一重や八重の満開の花蓮を真上から見た瓦である。。 瓦の誕生は、中国は西周(紀元前十一世紀  ー 紀元前八正規)に遡るようである。中国での蓮の花は、大地の地母 … 続きを読む

カテゴリー: 蓮コレクション | 蓮文様の鐙瓦(あぶみかわら) はコメントを受け付けていません

 「金光蓮」(きんこうれん)

紅蓮 一重   『池のにしき』には、次の書き込みが添えてある。 「6月14日写生、浄台蓮も如□(判読不可)香」、「暁手蓮花かるし、金光蓮ハ花二重也。□香ハ三重也。大キサもおなし。濃衣ハ毎葉、金光おなし色也。廬山紅蓮なれも … 続きを読む

カテゴリー: 花蓮図鑑 |  「金光蓮」(きんこうれん) はコメントを受け付けていません