日別アーカイブ: 2013年2月8日

白隠展

渋谷の「BUNKAMURA ザ・ミュージアム」で、2月24日まで、「白隠展」が開催されています。

白隠慧鶴(1685~1768)は、臨済宗中興の祖。沼津市・松陰寺の禅僧。近年、禅画・墨蹟で人気の高い。八〇余年の生涯を民衆教化に捧げ、その手段とし沢山のユニークな書画を残した。

同展に「揚柳観音」1幅と「蓮池観音」が三幅出品されていました。横幅の蓮池観音が素晴らしかったです。(図参照 上/ 絵葉書、下/ 一筆箋

今年、『別冊太陽 白隠』や『芸術新潮』(1月号)が白隠の特集を組んでいる。
白隠展 (2)

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 白隠展 はコメントを受け付けていません。