日別アーカイブ: 2013年2月15日

蓮の指輪(はすのゆびわ)

  • 今日、届いた、一番新しいコレクションです。

今日は、バレンタインデーです。チョコレートと一緒に「蓮の指輪」が入っていました。毎年バレンタインデーと誕生日に蓮グッズを送ってくれる20年来の友人からです。これまで、女性の目で探してくれる蓮グッズには、珍しいものがたくさんありました。ブローチやイヤリングは、たまに見かけますが、蓮の指輪もありそうでお目にかかれませんでした。

蓮の指輪

 

カテゴリー: 蓮コレクション | 蓮の指輪(はすのゆびわ) はコメントを受け付けていません。

「絵巻物」に描かれた蓮

  • 「絵巻物」・「絵巻」とは、巻子装の絵画作品の意であるが、日本美術史用語における「絵巻物」とは、日本で制作された、主として大和絵様式の作品を指すのが通常であり、さらに範囲を限定して、平安時代から室町時代の作品に限って「絵巻物」と呼ぶ場合もある。中国で制作された同様の装丁の絵画作品は「画巻」「図巻」等と呼ぶのが普通である。巻子本は中国、朝鮮半島、日本などの東アジアにおいて盛んに作られたほか、古代エジプトなどにも例がある。

日本では平安時代前期~中期にも多くの物語絵が制作されたことが推測されるが、9世紀 – 11世紀までの絵巻物作品の現存するものはない。一般に「四大絵巻」と称される『源氏物語絵巻』『伴大納言絵巻』『信貴山縁起』『鳥獣人物戯画』はいずれも平安時代末期、12世紀の作と考証されている。これらの作品は、現存する絵巻物の最古の作品群であるとともに、芸術的にももっとも高く評価されている。

管見ですが下記の「絵巻物」に蓮が描かれている。

国宝八巻 承永本   京都・北野天満宮蔵)。国宝『一遍上絵伝』(十二巻 正安元年<1299> 京都・歓喜光寺蔵)。国宝『玄奘三蔵絵』(法相宗秘事絵巻 十二巻 藤田美術館蔵)。国宝『当麻曼荼羅縁起』(二巻神奈川・光明寺蔵)。国宝『鳥獣人物戯画巻』(四巻 十三世紀 高山寺蔵)。重文『弘法大師行状絵巻』(十二巻 教王護国寺)。『聖徳太子絵伝』(鎌倉時代 茨城・上宮寺蔵)。重文『長谷寺縁起絵巻』(三巻 十四世紀 出光美術館)。重文『浄土五祖絵巻』(嘉元三年<1303>神奈川・光明寺蔵)。重文『地獄極楽図』(京都・金戒光明寺)。『融通念仏縁起』(奈良・徳融寺蔵)。『浄瑠璃絵巻』(三巻 室町時代 サントリー美術館蔵)。図は『北野天神縁起』より。

北野天神縁起

カテゴリー: 蓮学文献解題 | 「絵巻物」に描かれた蓮 はコメントを受け付けていません。

瑞光蓮(ずいこうれん)

「瑞光蓮」 爪紅 一重 中型。

『池のにしき』には、6月19日(写生)「花少し大きく房ハ金輪の如し」とある。『本草図譜』には「瑞香蓮」(写しまちがいか?)の名前で「花弁円く白色にして弁に先き淡紅色中に淡黄色帯へり」とある。

瑞光蓮は花弁の先端が紅色の爪紅種で、その美しく妖艶な花姿は、今日まで伝わり、人気のある品種です。伝統園芸品種一つです。

6a[1]

 

カテゴリー: 花蓮図鑑 | 瑞光蓮(ずいこうれん) はコメントを受け付けていません。