日別アーカイブ: 2013年3月17日

ジム・トンプソンの蓮

タイのシルク王、ジム・トンプソンの蓮柄のスカーフ。 サイズ90×90㎝

大きく大胆に7輪の蓮が描かれています。風に吹かれ、そよぐような優しい蓮です。
松本清張の小説『熱い絹』のモデルにもなったジム・トンプソン。
生前、蓮の花を眺めながら、何を想っていたのでしょうか?
このスカーフを手にとると、彼のミステリアスな人生を想像してしまいます。

ジムトンプソンスカーフ1

カテゴリー: 蓮コレクション | ジム・トンプソンの蓮 はコメントを受け付けていません。

蓮の花の各部 3、「雄しべ」

蓮の花が開き始めると中からは花托が出てきます。その花托の周りには、長さ3~4センチほどの雄しべが、200~300本ほどが花托の下部に付いています。雌しべの先端は白色の葯隔突起を持ち、その下に黄色い花粉が付着しています。蓮の花の馥郁としたフェノール系の清々しい香は、雄しべから発散されます。蓮の花の雄しべは短いので、ほとんど雌しべには届かないので自家受粉が出来ません。受粉は蜂などの昆虫の力を借りないと出来ません。

八重の品種の中には、雄しべが花弁化したものがあります。図版は、花托とその周りに付着している雄しべ。

雄しべ

 

 

カテゴリー: 蓮の豆知識 | 蓮の花の各部 3、「雄しべ」 はコメントを受け付けていません。