日別アーカイブ: 2013年4月4日

蓮の香り

蓮の花が開花すると、馥郁とした香りを発するのをご存知だろうか? 香りは主に雄しべから出ていますが花托、花弁、葉からも出ています。開花2日目の早朝が最も香りを強く発します。夏の早朝開花した蓮の花にそっと鼻を近づけるとさわやかな、フェノール系の清々しい香りを感じとれます。
蓮の花の香気成分も科学的に研究され報告書も出ています。

蓮の香水とされるものが販売されていますが、100パーセント PureとかEssential oilの名前でインド産やイギリス産の香水が販売されていますが、Essential oilではなく、溶媒で抽出したアブソリュートと呼ばれるタイプです。

敦煌壁画61窟には、天空から蓮の香りを地上に降り注いでいる「香積菩薩」が描かれています。(図)

4月4日から、日本蓮学会の塩澤事務局長のギャラリー「季の風」では、町田市の「大賀藕絲館」と大賀蓮の香りを分析して開発した商品「あぶらとり紙」の発売を記念して、香りに関する蓮グッズ展が開催されています。

4月10 日(水)まで。

ギャラリー季(とき)の風
町田市玉川学園2-2-6  小田急線 玉川学園駅より徒歩5分
電話 042-727-8724
http://homepage3.nifty.com/tokinokaze

期間 4月4日(木)~4月10日

香積菩薩3

 

 

 

カテゴリー: 蓮の豆知識 | 蓮の香り はコメントを受け付けていません。