日別アーカイブ: 2013年7月25日

台南白河鎮の生産物

主に食品が多いので、一部を写真でどうぞ。帰りかがけに掘りたての蓮根が運ばれてきた。ねっとりとした土で、量も少しなので手掘りらしい。同行の台湾在住の友人が「美味しそうだ・・・」と買っていたのが、旅行者としては羨ましかった。

白河村蓮花蜜

 

 

 

 

 

白河村掘りたて蓮根

 

 

 

 

 

白河鎮蓮子凍

 

 

 

 

 

白河鎮蓮藕粉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 台南白河鎮の生産物 はコメントを受け付けていません。

台南・白河鎮 蓮解説パネル

日本なら「道の駅」といった雰囲気の販売所があり、蓮田の隣に様々な蓮製品が売っている。全部は買えないので、とりあえず記録写真を撮る。ここは睡蓮(香水蓮という名称)の切り花を大々的に販売し、乾燥花も売っている。故宮博物院に蓮花茶というメニューがにあったので注文したら乾燥睡蓮だった。オオオニハスもあり、有料で乗せて写真が撮れるシステムになっている。
この村で栽培されている蓮の品種は「石蓮」「建蓮」「白蓮」「大賀蓮」となっていたが、残念ながら確認はできなかった。

蓮の解説パネル1

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 台南・白河鎮 蓮解説パネル はコメントを受け付けていません。

台南・白河鎭の蓮花経済文化資料館

村にある蓮に関する資料館では、大きなスクリーンに蓮の1年間の様子が映し出され、女性が熱心に説明をしてくれる。そのあと、館内に展示されている蓮の工芸品や、文房四宝、清朝時代の宮廷の衣裳などをゆっくり見てまわる。その中で目をひいたのがケヤキの
一木造りの彫刻。優に左右が1メートルはある見事なもので、現代作家の作品だが5点ほど展示されていた。また、蓮料理のサンプルとレシピ、調理法が展示されているコーナー
もあり、最後は蓮グッズショップになっていて食品のほかに手描きのTシャツなども販売している。

資料館1

 

 

 

 

 

資料館ケヤキ彫刻

 

 

 

 

 

資料館3清朝衣裳

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 台南・白河鎭の蓮花経済文化資料館 はコメントを受け付けていません。