日別アーカイブ: 2013年9月1日

訃報

去る8月17日、三浦功大・日本蓮学会会長は胃癌のため死去いたしました。71歳でした。闘病中も花蓮文化に対する情熱、研究欲は変わらず、講演、執筆、展覧会、諸団体との交流、都内および地方の観蓮などを最期まで続けておりました。出版に向け執筆中の原稿二冊分、膨大な蓮の写真データ、蓮に関する資料、独特の視点から集めた蒐集品などが残されております。慎んでご冥福をお祈りいたします。

花蓮文化を愛してやまない同好の皆様に「三浦功大さんの仕事」としてごく一部ですが、時折お伝えしてまいります。今後とも日本蓮学会をよろしくお願い申し上げます。

略歴
1942年 宮城県登米市生まれ。
東京写真短期大学卒業。広告会社を経て
1974年 フリー活動開始。
1990年    この頃から花蓮の撮影と花蓮文化の研究を始める。その後、「蓮文化研究会」設立メンバーの一人として活動。事務局長を務める。花蓮研究が盛んな中国との交流を深め、度々訪問。後、同会を退会。

2012年 町田市立博物館「蓮―LOTUS LAND」展の監修、寄稿、展示協力。
東京都緑化フェアーに於ける園芸文化協会主催「上野・不忍池と蓮」の監修
寄稿。日本蓮学会(任意学会)設立に伴い、会長に就任。
2013年 日本蓮学会ホームページへの記事掲載を精力的に開始。
4月『世界の花蓮図鑑』刊行記念写真展(日本橋・エトワール画廊)。
同展記念対談を共著の池上正治氏と2時間にわたり行う。
園芸文化協会主催「上野・寛永寺早朝観蓮会」にて「象鼻杯」を提案。
7月 静岡の花蓮栽培家3軒を訪問。
「蓮に蛙・写真展」(ギャラリー季の風)。

著書・共著・編著

1992年 『Jazz in Japan 1963-1974』(西田書店)。
1994年 『蓮の文華史』編著(かど創房)
1996年 『蓮の話 1996夏』編著(かど創房)
1997年 『蓮の話 2号』編著(かど創房)
1998年 『蓮の話 3号』編著(かど創房)
1999年 『蓮の話 4号』編著(かど創房)
2004年 『蓮への招待』著(西田書店)
2009年 『行田蓮』共著(アトリエ・ミウラ)
『蓮100の不思議』蓮文化研究会編著(出帆新社)
2012年 『世界の花蓮図鑑』共著(勉誠出版)

DSCN8752

 

 

 

 
三浦功大氏コレクション
「散華」

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 訃報 はコメントを受け付けていません。