日別アーカイブ: 2014年4月17日

花蓮の植え替え

植え替え20144月17日植え付け20144月17日
やっと、やっと、花蓮の植え替えをしました。
「染井吉野が五分咲きになったら」を目安に毎年鉢植え栽培の蓮は植え替えをします。土は田んぼの土が良いのですが、荒木田土、黒土、完熟腐葉土、赤玉土などを混合し、元肥(有機肥料)を入れます。鉢のサイズにより肥料の量は変えます。肥料は多すぎると肥料障害を起こすので、少なめに。花蓮の植え替えは大きな鉢ほど大変。泥の中から芽を折らないようそーっと取り出すのが一番気を使います。状態の良い「種蓮根」を取り出せたときはホッとします。

上の写真は真ん中の黒いのが昨年のもの。触るとぶかぶかと抜け殻のようです。左右が新しく出来ていた種蓮根。左の方が太くて立派ですが、右の方が先端の頂芽がしっかりしているので、こちらを選択。
種蓮根は一本でも良いのですが、どちらかが成長しないこともあるので、「保険」の意味で二本を植えつけました。泥の中にかなり伸びてしまっている芽を折らないよう、ゆっくりゆっくり沈めます。

今年は植え替えが遅かったので、ちょっと心配です。美しい花が咲きますように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 花蓮の植え替え はコメントを受け付けていません。