日別アーカイブ: 2014年12月8日

ハスの化石、見てきました!

「国立科学博物館・筑波実験植物園」で12月21日(日)まで開かれている「植物化石展」に行ってきました。こちらで展示されているのは2400万年前のハスの化石で、岐阜県で発見されたものです。行ってから思い出したのですが、2012年7月~8月の二ヶ月間、町田市立博物館で開催された「蓮―LOTUS LAND展」に出展されたものでした。淡い土色でやわらかい色合いの化石で、2年4カ月ぶりの再会です。
植物化石展ハス
同じく「筑波・地質標本館」にもハスの化石が展示されているので、こちらも見てきました。長崎県で発見された2300万年前のもので、黒地にくっきりと葉脈がペンで描いたように白く見られ、同じハスの化石といっても雰囲気がまったく違います。
撮影はOKですが、ネット上に出す場合は許可が必要とのことでここには載せていません。データベースで見られます。地質標本館→植物化石分類一覧→双子葉→スイレン科ハス属で検索してみてください。(註・近年の植物分類ではハスはハス科ハス属なのですが、同館ではスイレン科として表示されています)。

帰りにミュージアムショップコーナーで購入したものを。
書籍。目次には「水草はどのように進化したのか」「なぜ、水草は水中で生きられるのか」「水中で、どのように花粉を選ぶのか」「水草は、どうやって移動するのか」「あなたのまわりにも!私たちの生活と水草」「水草に未来はあるのか」。
ハスも水草ですから、園芸書とはちがう切り口で記述されています。

左側は中身はチョコレートですが、「ハスの種を入れるのにちょうどイイな・・・」と思い購入。植物園らしい絵柄で洒落ています。散歩で拾った落ち葉やドングリ入れにもたのしいですね。

筑波実験植物園グッズ

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | ハスの化石、見てきました! はコメントを受け付けていません。