月別アーカイブ: 2015年7月

「蓮に魅せられて」三浦功大遺作写真展。

功大さん写真展DM表

7月21日(火・祝)~8月2日(日)京橋・千疋屋ギャラリー
9:30~18:30  03-3281-0360

蓮文化研究家・三浦功大(当会会長)が逝って間もなく2年。情緒を排し、蓮の特長を丁寧に正確に写すことに徹した写真群は、最後の著書『世界の花蓮図鑑』(文・池上正治・勉誠出版・2012年)になり、愛好家のバイブルとなっている。

写真は、開花初日の「舞妃蓮」(まいひれん)。深夜からカメラを構え、ひたすら待ち続け、朝日が差し込んだ瞬間を捉えた渾身の作品。優雅な舞妃蓮の蕾の写真は、三浦功大の初めての著書『蓮の文華史』の表紙を飾った。

会場には著書、編著も置かれ、三浦の蓮文化に魅せられた30年の足跡に触れることができる。

千疋屋ギャラリー地図

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「蓮に魅せられて」三浦功大遺作写真展。 はコメントを受け付けていません。

「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.3

「蓮学シンポジューム」では「京都花蓮研究会」理事、事務局長・金子明雄氏の大変ユニークな研究が発表された。

金子さん講演3

 

金子さん講演5

 

金子さん講演6

 

金子さん講演8

 

金子さん講演7

会場で映された画像のごく一部なのと、不鮮明だがおわかりいただけるだろうか。
この発表は、昨年から設けられた「研究論文賞」を受賞。講演後、「素晴らしい!」と握手を求める中国の研究者や参加者が金子氏を取り囲んだ。快挙である。

金子さん講演4

いずれ蓮関連誌に全文が出るはずだ。
全ての蓮が、果托を持つわけではないが、私はこの日以後「果托」あるいは「メシベ」を見る目が変わった。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.3 はコメントを受け付けていません。

「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.2

数え切れないほどの蓮の鉢と展示。参加した地域は蓮の栽培が盛ん、というアピールでもある。その中のいくつか。

せっこう省杭州市浙江省・杭州市。

四川省展示四川省。おなじみパンダ。

 

四川省川劇こちらも四川省。右は変面で有名な川劇(せんげき)か?

地区名?大きな金の茶器は雲南省?

 

上海地区展示上海市。お洒落で陽気な上海娘たち。左のオジサンは誰?

 

山東省展示山東省。「五岳独尊」の碑。

 

吉林省展示吉林省。長白山(北朝鮮では白頭山と呼ばれている)の絵。

 

桂林地区桂林の風光明媚な渓流を行く船頭さん。

 

沙湖新疆地区展示新疆ウイグル地区。阿凡提(アファンティ)というウイグルの伝統的な寓話の人形。
シルクロードにも蓮がある。行きたくなった。

 

山西省展示山西省。民間芸術・剪紙で有名な地域。蓮の剪紙もたくさんある。

 

沙湖展示2

蓮好きが集るこの大会には、早朝から地元の人たちが大勢カメラを持ってやってきていた。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.2 はコメントを受け付けていません。

「第29回花蓮展&蓮学シンポジューム」に参加.No1

6月19日~21日、中国・湖北省・武漢で開催された「第29回花蓮展&蓮学シンポジューム」に初参加。日本チームは「蓮文化研究会」理事の池上正治氏を団長に土肥さん、東さん、「京都花蓮研究会」から金子明雄さんと高畑さん、「日本蓮学会」から副会長・上村皓彦、塩澤珠江の計7名。花蓮に関する研究は、科学技術院がリーダーとなる中国が最も進んでいる。
武漢市は上海から西南に920㌔、高速鉄道・虹橋駅から4時間の位置に在り、内陸のため「中国3大かまど」と呼ばれる暑い地域だが、今年は珍しく涼しいそうだ。

武漢市位置

花蓮の展示は都市単位で開催されるため、主催都市の特徴が出て面白い。今年は長江(揚子江)近くの「紗湖-シャーコ公園」がメイン会場。

沙湖荷花展メーン会場

シンポジュームは「華天大酒店」会議場で行われ、参加者は全員ここに宿泊。バギーに乗せた幼児連れの参加者も2組。大らかな中国らしい。

華天大酒店2ホテル25階からの景色

 

 

 

右-華天大酒店25階の部屋からの景色。
建物群の右上に少しだけ見えるのが長江。

 

 

沙湖公園入口に地区から参加した都市の特長をアピールする展示と、主催者が作成した、蓮についての様々なインフォメーションが公園内に展示されている。

地区展示 はピンクゾーンにあり、26地区が鉢栽培の鉢を大小並べている。ちなみに、荷花展に展示された鉢の総数は、約5万鉢だそうだ。

荷花展展示地図

地区別の展示は次回にご紹介。
フェイスブックではこの旅の余話を書いていますので、併せてご覧下さい。tamae.shiozawa.5@facebook.com

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「第29回花蓮展&蓮学シンポジューム」に参加.No1 はコメントを受け付けていません。

蓮観察ゾーン

上野不忍池に蓮観察ゾーンが出来て2年目。昨年は惨憺たる結果だったことはご報告済みですが、今年は?

まず5月8日の様子です。

蓮観察ゾーン2015年5月8日

ネットで囲われている鉢及び中央上の鉢が観察用の蓮。浮葉すらでていません。
周りの浮葉は、従来から在る蓮が観察ゾーンの浮橋の下をくぐって伸びて出た浮葉です。

そして、2ヶ月後の7月6日。

蓮観察ゾーン2015年7月6日2
従来の蓮の葉が元気に育っているのに、ネットの中は何も出ていません。

そして、こんなお知らせが。蓮観察ゾーン2015年7月6日1
5品種とも生育不良?これは栽培方法に問題があったとしか思えないのですが・・・。
公園課さん、観察ゾーンを楽しみにしてきた人達はガッカリしていますよ。
来年を期待しています。

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 蓮観察ゾーン はコメントを受け付けていません。