日別アーカイブ: 2015年7月13日

「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.3

「蓮学シンポジューム」では「京都花蓮研究会」理事、事務局長・金子明雄氏の大変ユニークな研究が発表された。

金子さん講演3

 

金子さん講演5

 

金子さん講演6

 

金子さん講演8

 

金子さん講演7

会場で映された画像のごく一部なのと、不鮮明だがおわかりいただけるだろうか。
この発表は、昨年から設けられた「研究論文賞」を受賞。講演後、「素晴らしい!」と握手を求める中国の研究者や参加者が金子氏を取り囲んだ。快挙である。

金子さん講演4

いずれ蓮関連誌に全文が出るはずだ。
全ての蓮が、果托を持つわけではないが、私はこの日以後「果托」あるいは「メシベ」を見る目が変わった。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.3 はコメントを受け付けていません。

「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.2

数え切れないほどの蓮の鉢と展示。参加した地域は蓮の栽培が盛ん、というアピールでもある。その中のいくつか。

せっこう省杭州市浙江省・杭州市。

四川省展示四川省。おなじみパンダ。

 

四川省川劇こちらも四川省。右は変面で有名な川劇(せんげき)か?

地区名?大きな金の茶器は雲南省?

 

上海地区展示上海市。お洒落で陽気な上海娘たち。左のオジサンは誰?

 

山東省展示山東省。「五岳独尊」の碑。

 

吉林省展示吉林省。長白山(北朝鮮では白頭山と呼ばれている)の絵。

 

桂林地区桂林の風光明媚な渓流を行く船頭さん。

 

沙湖新疆地区展示新疆ウイグル地区。阿凡提(アファンティ)というウイグルの伝統的な寓話の人形。
シルクロードにも蓮がある。行きたくなった。

 

山西省展示山西省。民間芸術・剪紙で有名な地域。蓮の剪紙もたくさんある。

 

沙湖展示2

蓮好きが集るこの大会には、早朝から地元の人たちが大勢カメラを持ってやってきていた。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「武漢ー花蓮展&蓮学シンポジューム」No.2 はコメントを受け付けていません。