作成者別アーカイブ: 三浦功大

『草木六部耕種法』(そうもくろくぶこうしゅほう)佐藤信淵(1769~1850)

全20巻。1829年(文政12)脱稿したが,公刊は明治である。有用植物の利用対象を,根・幹・皮・葉・花・実の六部にわけ,それぞれに属する植物の栽培法を解説している。この分類はほかに例がなく,信淵の独創とみなされる。登場する植物は約300種。

巻四 需根下編には、次のように出ている

蓮根・水慈姑等の作法

蓮も種類多く、淡紅蓮、白蓮、紅絲蓮、朝日蓮、牡丹蓮、鬼蓮等其の他尚ほ多し。然れども根を需めて作るべき物は、淡紅花、白色の二種のみ、其の他は皆花を賞玩するの業なるを以て茲に論ぜず。此れ等作法を審かにせんことを欲せば、下の需花編に就て求むべし。  蓮も亦牡牝有り、牡種は本太く末尖り、其形状此の如く、牝種は本小く末太り、其形此の如し、牡種を蒔たるは、二三年の間に其根頗る肥て花発き実を結ぶ。又牝種を蒔たるは容易に成長せざる者なり。宜しく牡種を蒔べし。抑々蓮根は蔬菜の頗る美なる者にて、且其需めて作る根外に葉も花実も共に有用多し。若し夫れ池・沼・溝等泥の深き処あらば此を植ゆべし。或は水田に植るも稲より利潤多き者なり。 凡そ蓮根を作るには、池・沼・溝及び水田に拘はらず、先ず能く障碍となるべき礁根等を除き精細に耕し、此に丙字号か丁字号中の泥土を温養する糞苴を耙錯て植るときは意外に繁生する者なり。所謂る丙字号の糞苴は培養秘録に七八方あり。 今其中に於て予が数々用ひて利益を得たる一方を挙ぐ。此方水草根を成長肥太すること甚だ妙効あり。其方、紅砒二斤、土硫黄五斤、石灰三斗、臘土八斗、小便f八斗、砂八斗、以上六品能く調合し、此を二三段許の泥中に耕交て精細に混合せしめ置き、四五日を経て植べし、此を大温肥と名く。又丁字号の糞苴も培養秘録に数方あり。 茲に其中一方を記して培用ふるに備ふ、其方、土硫黄五斤、石灰三斗、蜆殻灰牡蠣殻灰も宜し八斗、臘土八斗、小便八斗、砂八斗、以上六品調合し耕錯る、此れを大温肥と名く。然る後に種実を植ゆべし。又其泥深こと三四尺以上なるは太陽の光焔徹底すること難く、諸作物熱すること能はず。然れども蓮は成長する者なれども、年数を経ざれば出来易からず。此を速に繁栄せしむるに良法あり。 即ち其の水底を温めて泥中陽気を熾にするの業なり。其方、砒紅二斤、土硫黄五斤、石灰五斗、小便灰五斗、酒糟五斗、植土五荷、以上五品を少しく水を和して能く練り合わせ、大約一合許づゝを一篦として一坪四方の深泥中に三篦四篦も播散し、鉄耙を用いて二三日も時々此を爬廻し、然して後に芽出たる種実を埴土に包み、一段の地に二千粒許づゝ墜植にする時は、一両月に茎・葉・水面に延出て其根漸々肥太る者なり。

信淵は蓮根には、牝(雌)、牡(雄)があって、牝の蓮根は成長が遅く二、三年かかるので、植える時は牡の蓮根を蒔えると良いと記しているが、蓮根に牡牝があるなどと聞いたことがない。

信淵は肥料とその調合を詳しく記している。同じく『草木六部耕種法 巻十』の「需花上編」には、 蓮の種類甚だ多し、根を主として作る者は白蓮と紅蓮の二種なり。其の作法は上の需根編に詳かなり。花を主として作る者は、所謂紅白二蓮の外朝日蓮、紅絲蓮、牡丹蓮、金蓮、鬼蓮等あり。水草の花を盛にするには、鍾乳石、土硫黄、各々一斤、紅砒十両、馬溺塩十斤、以上四品を調合細末にして埴士二荷共に練りて拳大に丸くし、此を蓮一根に五三丸づゝ根の側に置くべし。若し盆栽にしたるには、其の鶏卵の大さにし、二三丸づつ根の傍に入るも良し。斯の如くするときは水中に生ずる所の草類甚だ能く繁栄して、其花大に且つ美麗なること、絶えて普通の者の及ぶべきに非ず。(後略)佐藤信綱著『草木六部耕種法』滝本誠一編『日本経済大典』(第19巻)明治文献社 1968年より

カテゴリー: 蓮学文献解題 | 『草木六部耕種法』(そうもくろくぶこうしゅほう)佐藤信淵(1769~1850) はコメントを受け付けていません。

朝日蓮(あさひれん)

紅蓮、一重

朝の太陽ように真っ赤な花色であるが、命名、来歴は不明。灌園の『本草図譜』には、花弁円く紅色なり、中より先濃紅色実の色淡緑花の本帯の如き物あり」とある。明治36年の『水栽四君子』に、載っていないので、江戸時代には絶えたのかも知れない。

DSCN8766

カテゴリー: 花蓮図鑑 | 朝日蓮(あさひれん) はコメントを受け付けていません。

「絵はがき」シリ-ズ ⑦   手彩色の絵はがき

東京町田市の大賀藕絲館が10年ほどまえに販売した絵葉書です。墨の部分は版画ですが、色の部分は、子供たちの手彩色ですので、色彩は全部違っていました。今は販売していません。

DSCN8744

カテゴリー: 蓮コレクション | 「絵はがき」シリ-ズ ⑦   手彩色の絵はがき はコメントを受け付けていません。

「絵はがき」シリ-ズ⑥ 棟方志功と花蓮

棟方志功(1903~1975)は、ほとんど花蓮の絵を描いていませんのでこの図の蓮は珍しいです。本図は、『観音経板画柵』『本身の柵』(42センチ×54センチ 1938年)の一枚です。

DSCN8749

カテゴリー: 蓮コレクション | 「絵はがき」シリ-ズ⑥ 棟方志功と花蓮 はコメントを受け付けていません。

「絵はがき」シリーズ⑤  スヌーピー(Snoopy)と花蓮

スヌーピー(Snoopy)はアメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から描き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬です。世界的に知られるキャラクターであり、その愛らしさから日本でも人気が高い。日本においては、スヌーピーという名前自体が漫画『ピーナッツ』を指す代名詞となっている。スヌピーと花蓮の組み合わせは、日本限定の販売かも。

DSCN8745

カテゴリー: 蓮コレクション | 「絵はがき」シリーズ⑤  スヌーピー(Snoopy)と花蓮 はコメントを受け付けていません。

『農業全書』(のうぎょうぜんしょ)

は、元禄10年(1697年)刊行された農書。出版されたものとしては日本最古の農業書。全11巻。1巻~10巻は元福岡藩士、宮崎安貞著。11巻は貝原益軒の兄、貝原楽軒著で付属である。明治に至るまで何度も刊行され、多くの読者を得た。『農業全書』巻之5「山野菜之類」には、次のようにでている。

蓮(はす、はちす)

蓮は其葉はN(草冠+遐)かと云ふ。その花をP(草冠+函)かんと云ふ。其実を蓮と云ふ。其根を藕と云ふ。其外所により名皆別なり。水草の中にてならびなき物なり。其性の能も勝れ、花も実も蘂も上品の物なり。実と根は食とし、薬とし、其余並に皆薬品也。花に赤白の二色あり。其香ひ人を感じ、君子のみさほによく似たりとて古人其徳を誉め置きたる霊草なり。又金蓮黄蓮など数種ありと唐の書に見えたり。

種ゆる法

蓮子八九月堅く黒くなりたる時取りて瓦石の上にて頭の方をすり、肉の大かた見ゆる程にしてねばき土をねりかため、蓮子を中に包み、太さを雉の卵ほどに丸め、少しながくし、すりたる方を平かにし、上の方を細くして乾し置み、泥中になげ入れば、頭の重く平らかなる方下に成りて沈めば、水の底にて直になるゆへ、やがて根を生ず。蓮子の皮をすらずして沈めたるは、皮厚く堅き物なるゆへ、生じがたし。又実りたる時すぐに其まゝ泥の中にうゆれば、大かた生ず。根をうゆる事は本根に近き所の疵のなきを掘取り、鮒などのある池の泥の中にうゆべし、其年則ち花咲く物なり。二月半蓮根を三節もつゞけて長くほり取り、他の池に移しうゆる事は頭の方日向に成るやうにすべし。硫黄をあらく粉にして紙よりの中にまきこめ、蓮根の節を一重二重巻きて沈めうゆれば、其年かならず花咲く物なり。又蓮子のからを打ちくだき、皮をよく去り、白米のごとくして飯にして食すれば、気力をまし、身をかるく、すくやかにする物なり。又根は渇きをやめ、血を散ず、肌をも助け、薬ともなり、料理色々にして賞翫の珍味なり。泥深き池水あらば、むなしくをすべからず。殊に鯉鮒のある池にうへをけば、水獺おそれて付かぬ物なり。蓮おほき所にては実を取りて薬屋にうるべし。蓮肉は脾胃を補ひ、潟をとめ、性のよき物なり。

白蓮と紅蓮と一所にうゆれば、白蓮きゆる物なり。(但地による事にや、広き池沢などに本より紅白交り  たるもありと云ふ。然れども新儀に種ゆるには必ず紅白まじゆべからず)。

又、近年は唐蓮多し。日本の蓮よりはよくさかへひろがり、花色々ありて見事なり。実をうへて生じやすし。但盆や鉢などに種へては、花甚だほそく愛すべし。広き池にうゆれば、根早くひろがり花殊の外大きなり。根を取るにも、花を賞するにも、唐蓮をうゆるにしかず。(以下略)  土屋喬雄校訂『農業全書』岩波文庫(1977年)より。図版は『農業全書』天明再版の見返し。

DSCN8735

 

カテゴリー: 蓮学文献解題 | 『農業全書』(のうぎょうぜんしょ) はコメントを受け付けていません。

「絵はがき」シリーズ ④ 不忍池

上野・不忍池の絵はがきです。写真では、池にまだ浮葉もありませんので、冬の池でしょうか。イラストの紅蓮が美しいです。

DSCN8740

 

カテゴリー: 蓮コレクション | 「絵はがき」シリーズ ④ 不忍池 はコメントを受け付けていません。

『本朝食鑑』人見必大著 (一七〇一没)元禄10年(一六九七)刊、

本草書。日本の食物全般について、水部以下12部にわけ、品名を挙げて、その性質、能毒、滋味、食法その他を詳しく説明している。食鑑中の白眉とされる。「水菜類十六」では、「地下茎(蓮の根)」について、次のように出ている。

蓮根’れんこん)

[釈名]蓮の根は藕である。『和名抄』には〔『爾雅』に、荷は芙ふきょ(草冠+渠

はすの別名)といい、その本はみつ(草冠+密 はすの根元)、茎は茄、葉ははすのね(草冠+遐)であるが、遐もまた荷の字に同じ。華はかん(草冠+函たん草冠+□)(はすの花のまだ開かぬもの)という。『兼名苑』には、蓮は花の開いてしまったのものを芙きょ(草冠+渠)といい、まだ舒びていないものをかんたん(草冠+函、草冠+□)という。また子は蓮、その中は的、的(はすの実)とは蓮中の子をいう〕とある。李時珍『本草綱目』の釈名に、詳らかに名義が論じられてある。

[集解]各地の泥池および沼沢湖に多くある。蓮子を種えるばあいは生えるのが遅いが、藕の芽を種えるばあいは最も発芽しやすく、その芽は白蒻(泥中にある根)をなす。これがつまりはい(草冠+密)である。長さは一丈余になる。五、六月の若い時に、水に没って取れば、はい(草冠+密)を得る。これを藕糸菜という。華人はこれを賞して蔬と作して茹べる。我が国では昔から波恵といって賞でており、歌人もこれを詠んでいる。節は二茎を生じる。一つは藕荷〔浮葉〕となり、葉は水に貼き、下は傍に行き藕を生じる。もう一つきに<(草冠+支)荷>立葉となる。葉は水を出て、旁茎には、花が生じる。葉は清明(陰暦三月の節気)後に生じる。六、七月に花が開く。花は紅・白・粉紅の三色があり、花心に黄鬚をもつ。蘂の長さは一寸余、鬚内がすなわち蓮である。

また、千葉紅というものがある。近頃は白蓮花の葩の端の淡紅で一、二寸のものがあり、これを口紅という。あるいはまた碧色のものもある。当今、駿陽(みなみするが)にあって、土地の人が仏の青蓮座と言っているもののことである。しかし予はまだこれを見ていない。もし一つの池に紅白を雑種えると、その少ない方が枯れ尽きる。それで塘を築いて隔てるわけであるが、池の広さが、四、五十歩以上のところに両方を相阻てて植えると、倶に盛美である。

近代、子芽を植えることは鮮ない。惟新根を採り泥を穿って種えると、旁行して蔓りやすい。十分に蔓茂したものから復根を採る。根皮は灰黄色か白色、節は黒く、鬚がある。根皮を刮りとれば純白で、孔があり糸がある。根の大きいものは肱臂のようで、長は六・七尺もある。煮蒸し、熱すれば淡黒となる。このとき熱湯中に厳醋少々を加えて二、三沸煮て取り出せば白色のままで、黒く変色しないのも奇である。凡そ野生および紅花のものは、蓮が多く藕は劣っている。種蒔および白色のものは蓮は少なく藕は佳い。世俗では、「蓮は仏の愛するものなので、枯れ衰えそうな時には池の中に僧衲を浸すと死なぬ」という。大抵、蓮は素藍汁を好むものであり、今僧衲は藍で染ているので、当然そうなるのである。(後略) 島田勇雄 訳注『本朝食鑑』(平凡社 1993年版より) パソコンで出てこない活字が少々あるので『本朝食鑑』で確認されたい。

DSCN8760

カテゴリー: 蓮学文献解題 | 『本朝食鑑』人見必大著 (一七〇一没)元禄10年(一六九七)刊、 はコメントを受け付けていません。

「絵はがき」シリーズ ③  善光寺の蓮池

前回に続いて、善光寺の蓮池です。こちらの蓮花はエンボス加工にはなっていませんが、なかなかしゃれたデザインです。

DSCN8742

カテゴリー: 蓮コレクション | 「絵はがき」シリーズ ③  善光寺の蓮池 はコメントを受け付けていません。

「絵はがき」シリーズ ② 

  • 長野県・善光寺の蓮池は、いつ頃から育成されているのかは不明ですが、現在もたくさん繁茂していますが、大正、昭和初期にはかなり有名で、絵はがきもたくさん発行されています。図の蓮のイラストは、エンボス加工になっています。
  • DSCN8741

 

カテゴリー: 蓮コレクション | 「絵はがき」シリーズ ②  はコメントを受け付けていません。