カテゴリー別アーカイブ: 蓮を味わう

ハノイ・レポート「蓮の茎のサラダ」

日本でもおなじみのベトナム料理、蓮の茎のサラダ。茎といっても泥中の細い根茎の部分で、日本ではほとんど食べない。ベトナムでは野菜として根茎のまま束で売っている。細い根茎のほうが繊維が柔らかいので食べやすい。薄皮をむき、好みの長さに切って使う。
エビ、人参、豚肉、砕いたピーナッツを、塩、砂糖、ニョックマムで和えてある。レモンを絞ってかけても良い。ベトナムは日本のように南北に細長い国なので、北部と南部では味付けも異なるようだ。ハノイは北に位置しているので、どの料理も穏やかな味だった。

蓮の茎のサラダ

カテゴリー: 蓮を味わう | ハノイ・レポート「蓮の茎のサラダ」 はコメントを受け付けていません。

蓮の葉茶とベトナムのお菓子

自家製の蓮の葉茶と、ベトナムのスーパーマーケットで買った蓮の実のお菓子。ジンジャー味です。ベトナム(今回はハノイ)には他にも蓮の実のお菓子が色々ありますが、このお菓子は人気があるらしく一つだけ残っていました。ポリっと噛みごたえがあり、甘くないので蓮の葉茶とよく合います。茶器はバッチャン村で買ったもの。蓮弁に見立てた小皿も同じくバッチャン村で見つけました。

蓮の葉茶とジンジャー味の蓮の実

 

カテゴリー: 蓮を味わう | 蓮の葉茶とベトナムのお菓子 はコメントを受け付けていません。

自家製 蓮の葉茶

蓮の葉茶は中国では昔から飲まれていて、ノンカフェインで減肥効果があり、かの楊貴妃も愛飲したと言われています。薬用茶といえば良いでしょうか。ほんのり蓮の葉の香りとお日様の匂いがするお茶です。私は熱湯で埃を洗い、それから天日干しをします。焙煎する方法もあります。蓮の葉がしっかりと厚みがあり、緑色が美しいものを選びます。
緑の器は蓮の葉の形をしたベトナム製。

自家製蓮の葉茶

 

カテゴリー: 蓮を味わう | 自家製 蓮の葉茶 はコメントを受け付けていません。

はすの実おこわ

今日は町田市・薬師池公園の観蓮会。毎年、市内の和菓子舗「蛸八」さんの「はすの実おこわ」が販売される。店舗では普段販売されない品物。おこわと蓮の実を蒸すタイミングが難しく、蒸し過ぎると割れて形が悪くなり、早いと硬くなってしまう、とはご主人の話。うすい塩と醤油で味付けされている。

蛸八の蓮の実おこわ

 

カテゴリー: 蓮を味わう | はすの実おこわ はコメントを受け付けていません。

ベトナムの蓮茶 「チェー・ホァ・セン」

ベトナム北部ハノイの西湖(タイ湖)で、今も行われている蓮茶の飲み方。この地域は沼地が多く蓮が豊かで、ハノイ中心地から郊外まで大小たくさんの湖がある。「チェー・ホア・セン」は、19世紀初めの王朝(阮朝げんちょう1802―1945)の官僚の間で流行った喫茶法。中国にはジャスミン茶とともに蓮茶が13世紀の文献に記述されている。
「チェーホアセン」(チェーは茶、ホァは花、センは蓮)は香りが最も高い開花2日目の夜明けの花の中に茶葉を入れ、蓮の葉で包んで香りをうつし、翌朝飲むという贅沢な喫茶法である。
2013年7月19日の朝、タイ湖でこのお茶をいただいた。茶葉、雄しべ、粗く砕いた花托を急須にいれ、ポットの湯をそそいで2分ほど。小さな湯のみからは、蓮の香りがのぼり、口に含むとしっかりとしたお茶の味が広がる。目の前には大きな蓮の葉が風に揺れ、この蓮茶を楽しみに来たベトナム人のご夫婦と笑顔を交わしながらの朝のお茶は、何とも優雅で至福の時間だった。かたわらでは、もうひとつの蓮茶「チェー・ティア・セン」づくりに余念がない一家が静かに作業をつづけている。

チェーホアセン1

 

 

 

 

チェーホアセン2

 

 

 

 

チェーホアセン3

 

 

 

 

チェーホアセン4チェーホアセン7チェーホアセン5チェーホアセン6

カテゴリー: 蓮を味わう | ベトナムの蓮茶 「チェー・ホァ・セン」 はコメントを受け付けていません。

蓮子芋頭

故宮博物院の帰り、士林駅前の屋台のような店で食べたもの。皿にかき氷を敷き、蓮子と芋頭、それに絹豆腐が入る。味付けは芋頭を塩味でうすく煮た汁を入れたもので、一皿でお腹いっぱいになった。

士林かき氷屋士林芋頭蓮子

カテゴリー: 蓮を味わう | 蓮子芋頭 はコメントを受け付けていません。

蓮子入り紫米のデザート

台湾・国立故宮博物院の3階「三希堂」で、蓮のつく「蓮花茶」「蓮菓子」「蓮子入り紫米お汁粉」の3種を注文。お茶は睡蓮の花茶、お菓子は皮の色が蓮の花のピンク色、ということらしい。最後のお粥のようなお汁粉は、温かくてねっとりしたもので大粒の蓮子がいっぱい入ってホッとする味だった。

蓮子入り紫米のデザート2

カテゴリー: 蓮を味わう | 蓮子入り紫米のデザート はコメントを受け付けていません。

蓮尽くし10 デザート

蓮尽くしコースの最後は蓮子のフルーツポンチ。西瓜、キウイ、パイナップル。果物の美味しい台湾ならではのデザートがもう一種類でました。小ぶりの桃、マンゴー、リンゴ。
大満足の台南白河村の蓮尽くしコース。ご馳走様でした。

蓮尽くし10蓮子デザート

 

 

 

 

蓮尽くし11果物

 

カテゴリー: 蓮を味わう | 蓮尽くし10 デザート はコメントを受け付けていません。

蓮尽くし9 蟹と蓮子、茸の蒸しもの

蟹と蓮子、生椎茸、シメジ、大根、葱などの蒸しもの。今回の蓮尽くし料理は野菜を沢山とりいれ、どれも薄味なので、とても健康的。

蓮尽くし9蓮子蟹

カテゴリー: 蓮を味わう | 蓮尽くし9 蟹と蓮子、茸の蒸しもの はコメントを受け付けていません。

蓮尽くし8 荷葉香蓮子魚

魚の名前を聞きそびれてしまった。臭みはなく蛋白な白身の川魚か。蓮子の間にみえるひと回り小さい実は「パーポーチー」だと、同行の日本在住台湾人女性が教えてくれた。中の種がとても硬く、うっかりすると歯が欠けるから注意するように、と。たまたま、この店の隣で「パーポーチー」の選別作業をしていたのを何気なく撮っていた。中国福建省、海南島、台湾などの木の実だそうだ。生で使うのではなく、醤油漬けにして調味料にする。炒め物、蒸し物によくつかわれるという。台北に戻ってからスーパーで探したら「甘樹子」という名の瓶詰が「パーポーチー」だという。蓮の葉の香りと甘醤油漬けの破布子が、淡泊な魚と蓮子によく合い、蓮の村・白河らしい魚料理だった。

蓮尽くし8蓮子魚蒸し破布子選別作業1

カテゴリー: 蓮を味わう | 蓮尽くし8 荷葉香蓮子魚 はコメントを受け付けていません。