カテゴリー別アーカイブ: 蓮関連ニュース

外来ガメの食害で一時は全滅…復活のハスが大輪の花 佐賀城お堀

7/2(日) 15:06配信

佐賀新聞

 佐賀城内の南堀を埋め尽くすハスの葉の間からつぼみが顔を出し、白やピンクの花が咲き始めている。ハスが花開くお堀沿いを散歩コースにしている人も多く、時折足を止め、大輪の花に見入っている。

 南堀のハスは2006年に外来種のミシシッピアカミミガメによる食害で全滅。その後再生を目指す実行委が保護柵を設置し、地域の小中学校の協力などで少しずつ再生していった。今では南堀を覆い尽くすまでに群生している。見ごろは8月の中旬まで。

 実行委の永原光彦副会長は「ハスは早朝から午前9時半ごろまでに花開き、ほのかな香りも発する。一緒に楽しんで」と通な楽しみ方を話す。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 外来ガメの食害で一時は全滅…復活のハスが大輪の花 佐賀城お堀 はコメントを受け付けていません。

「双頭蓮が咲きました」とメールが!

大阪生田区在住K様から、「ご近所の方が育てている双頭蓮です」と当会にメールをいただきました。 広い蓮田でもなかなか見られませんが、鉢栽培での双頭蓮はかなり珍しいと思います。 観蓮の季節がはじまりました。双頭蓮を探すのも楽しいですね。 以下は、三浦功大著『蓮への招待』(2004年西田書店)より「双頭蓮(並頭蓮)と妙蓮の違い」のごく一部を引用した文です。 双頭蓮は珍しい花とみえて咲いたの最古の記録は、『日本書紀』舒明帝七年(635年)七月の項に「是月、瑞蓮生於剣池、大和国高市郡石川村、一茎二花」とある。 日本の古代社会においては、一茎二花の双頭蓮は吉祥の花とされていた。 『日本書紀』では曽我氏の繁栄を祝う瑞祥の花として記されている。

 

双頭蓮(蕾・大阪) 双頭蓮2(大阪) 開花2日目の双頭蓮。 K様。貴重なお便りありがとうございました。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 「双頭蓮が咲きました」とメールが! はコメントを受け付けていません。

上越市高田公園の双頭蓮

上越市の高田公園は蓮で全国にその名を知られている。
その高田公園に「双頭蓮」が咲いたというメールをNさんという方から頂いた。
掲載した写真はNさんから送られてきたもの。(2016年7月31日撮影)。
たくさんの蓮の花が咲く中で、よく見つけられたと思う。
昨年も同じような場所で「双頭蓮」が咲いたが、品種名か?というお問い合わせである。
「双頭蓮」は突然変異で現れるものなので、そのような名前の品種ではない。
その実および種レンコンを植えつけても、双頭蓮は咲かない。

中国では瑞蓮とも呼ばれ、偶数を好むこの国では目出度い現象として喜ばれている。

双頭蓮2016年7月31日高田公園

Nさん、ありがとうございました。

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 上越市高田公園の双頭蓮 はコメントを受け付けていません。

町田市・大賀藕絲館の「蓮まつり」

7月23日(土)24日(日)午前7時~11時
会場1 大賀藕絲館の施設
会場2    大賀藕絲館が管理栽培している蓮田(約3千坪)

★「会場1」
・蓮の染め物体験、蓮の茎の繊維(茄糸)を使った織物体験。
・蓮田で収穫した蓮の実を使った「蓮の実おこわ」「シフォン・ケーキ」
「蓮の実味噌」などの販売。

★「会場2」
・蓮の花の販売
・蓮の生態の話を随時おこなっています。(当会・塩澤)

★「会場1」から「蓮田」までは大賀藕絲館の車で送迎。

★蓮田には駐車場・トイレはありません。
藕絲館施設を利用してください。A蓮まつり2016

 

B蓮まつり2016

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 町田市・大賀藕絲館の「蓮まつり」 はコメントを受け付けていません。

当会事務局の蓮

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

事務局のあるギャラリー<季の風>の蓮が咲き始めました。 雪見障子ならぬ蓮見障子からは「太白蓮」「曙紅蓮」などが次々と咲いています。 アプローチの大小の鉢20鉢も道行く人の目を楽しませています。 今年は鉢土を全部新しくし、 … 続きを読む

その他のギャラリー | 当会事務局の蓮 はコメントを受け付けていません。

東大ハス見本園一般公開

7月23日まで一般公開されている東大ハス見本園。
正式名称「東京大学大学院農学生命科学研究科付属 生態調和機構 ハス見本園」。

ハス見本園 -東大生態調和農学機構

東大ハス見本園パンフレット1東大ハス見本年パンフレット2

ハスの足元には品種名が書かれ、技術者の方やボランティアが説明をしてくれます。
入口ではパンフレットも配布されています。

西武新宿線・田無駅から徒歩7~8分。構内には自販機などはありませんので、
必ず水分持参でおでかけください。

キバナバス1キバナバス

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 東大ハス見本園一般公開 はコメントを受け付けていません。

カンボジア映画にハスが登場。

カンボジア映画にハスが登場。
ソト・クオーリーカー監督作品(カンボジア初の女性監督)『シアター・プノンペン』に
ハスの場面が登場します。
東京神田・神保町・岩波ホール www.iwanami-hall.com
上映期間 7月2日~7月29日

シアター・プノンペン

以下、チラシの一部から、
<オ―ルロケーションですべてが本物>
多くの映画人を見守って来た映画館シアタープノンペン。かつて国立劇場として利用されてきた実際の映画館だ。往時は、”アジアのパリ”呼ばれたプノンペン・・・ネオンに揺れるエネルギッシュな街、深い緑に包まれ静寂の中に佇む蓮の池・・・。まさに現代と歴史が混然となったカンボジアの”今”を、オ―ルロケーションで見事に写しとっている。

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | カンボジア映画にハスが登場。 はコメントを受け付けていません。

レンコンの切手

82円切手の野菜と果物シリーズ第4週に、レンコンが入っています。
セロリ、枝豆、ビワ、イチジク、そして輪切りのレンコン。
レンコンの見た目の特長はこの穴にあります。他の野菜果物が丸ごと
デザインされているのに、レンコンはちょっと雰囲気が違います。
これからレンコンが美味しい季節。ビタミンCが多く、
熱を通しても壊れにくいので是非どうぞ!

レンコン切手

カテゴリー: 蓮関連ニュース | レンコンの切手 はコメントを受け付けていません。

休耕田の蓮めぐり・山形県尾花沢市3

8年前から3.5ヘクタールの休耕田を蓮田にした公園。
一昨年訪れたときは9月3日でしたが、ピンクの花蓮群が山間に広がっていました。
その折り「まだ空いている田圃があるので増やしたい」とはオーナーの伊藤勇太郎氏の話。今年、その田圃には3種類の蓮が広がっていました。

御所の水公園20158月3

御所の水公園20158月1

↑8年前に始まった一重咲きの蓮が見事な蓮田。
ここは「御所の水」という優雅な名前の湧き水で知られ、冬も水をもとめて年間2万5000人の人がやってくるそうです。
8月初めには「ハスまつり」も行われ、花も販売されます。

御所の水公園20158月7

↑新たに植えつけされた八重咲き(花弁が50枚以上)の白蓮。

御所の水2015年8月

↑白蓮の群生。

御所の水公園20158月9

↑ 爪紅(つまべに)タイプの花も新たに増えました。

御所の水公園20158月8

↑半八重(花弁が26枚~50枚まで)も新たに登場。

「鶴子・御所の水ハス公園」の特長は、小型種を植えたので、丈があまり高くならず、花を上から鑑賞できます。

尾花沢の休耕田を利用した蓮田は、どこも9月半ばくらいまで咲いているそうです。

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 休耕田の蓮めぐり・山形県尾花沢市3 はコメントを受け付けていません。

休耕田の蓮めぐり・山形県尾花沢市2

山刀伐ハス園(ナタギリ)

山形県環境学習支援団体「翁塾」が運営。
所在地:山形県尾花沢市大字押切1番地 。

山刀伐峠の尾花沢側には稲作風景が広がるが、一部の休耕田を環境保全目的として蓮が植えられた。 品種別に田圃が分けられ、6品種+1品種(地元にあった蓮、品種名は不明)。

山刀伐ハス園4 山刀伐ハス園2 山刀伐ハス園白雪公主2 ↑「白雪公主」(はくせつこうしゅ)中型種。

山刀伐ハス園白雪公主はくせつこうしゅ4 ↑「白雪公主」開花3日目。

山刀伐ハス園6白雪公主はくせつこうしゅ ↑「白雪公主」群生。

山刀伐ハス園蜀紅蓮3S ↑「蜀紅蓮」(しょっこうれん)紅色が濃い中型種。開花1日目。

山刀伐ハス園蜀紅蓮1S

↑ 開花2日目。

山刀伐ハス園蜀紅蓮4

↑「蜀紅蓮」群生。多くの花が散り、果托になっていたが、どれも赤紫色。
初秋の蓮田の光景がひろがり、美しい。

山刀伐ハス園ペリーズ・ジャイアントサンバースト1

↑「ペリーズ・ジャイアントサンバースト」大型種。
キバナバスとアジアの白いハスの交雑種。キバナバスの系統は、日本では栽培しにくく、花数も少ないが、この品種は大輪の淡いクリーム色の花が次々と開花する。

山刀伐ハス園ペリーズ・ジャイアントサンバースト2

「ペリーズ・ジャイアントサンバースト」の群生。蕾もまだ立ちあがっている。

山刀伐ハス園小舞妃?4S

↑「小舞妃」(しょうまいひ)小型種。

山刀伐ハス園小舞妃1S「小舞妃」2日目。もう少し早い時期なら群生が見られたようだ。

山刀伐ハス園クリスタルビューティ1「クリスタル・ビューティ」(中国名・冰嬌
中国・武漢植物園で自然交配された品種。なかなか増えない、とは担当の方の話だが、来年の群生を楽しみに待ちましょう。

この他に「喜上眉梢」(きじょうびしょう)という小型種があります。うっかり確認せず撮りましたので、いずれ掲載いたします。

余談1。
山刀伐峠は、芭蕉が弟子の曾良とともに最上町側から尾花沢側に出るために越えた峠。 『奥の細道』に、難所として登場します。

山刀伐越え画像

余談2
山刀伐(なたぎり)は、作業に使用する頭巾のようなもので、この地方の言葉。
峠の形が片側は切り立ち、反対側がなだらかな様子を、この被り物に見立てたそうです。お願いすれば、ガイドさんがこのような昔の服装で案内してくださる由。

なたぎり 画像4S
写真はg00ブログ「山小屋だより」に掲載されていたもので、作者が分からないまま使わせていただきました。ご連絡いただければ助かります。(塩沢記)

 

 

カテゴリー: 蓮関連ニュース | 休耕田の蓮めぐり・山形県尾花沢市2 はコメントを受け付けていません。